文字サイズ変更 文字サイズS 文字サイズM 文字サイズL
ゲストさん、ようこそ。
Log In power off

★新規にメンバー登録ご希望の方はこちらから。
登録などは一切無料です。
[会員登録]  [パスワードを忘れた]

ギター情報サイトTARGIE(ターギー)。ギター新製品、アンプ、エフェクター、ギタリストの情報、ライブビデオ、ギター展示会レポートなど、ギターのことならTARGIEに訊け!

執筆者
shimpei
細川真平 1964年生まれ。音楽ライター/エディター。
ジェフ・ベック、スティーヴィー・レイ・ヴォーン他のCD/DVDのライナーを手がける。また、音楽誌、ギター誌、ウェブ等にも幅広く執筆。
ギターは絶対ストラト主義。
最近のコメント
最終回 答えは風の中に
┣ 07/10/19
┗ 07/10/16
第28回 エアギター考
┣ 07/09/10
┣ 07/09/10
┣ 07/09/10
┣ 07/09/10
┗ 07/09/08
サイト内検索
カテゴリ

キーワード

<みんなで限界を超えよう! Go to 11! |TOP| こんなギターはイヤだ!>
遥かなるスーパー・ディストーション
2013年01月21日
僕が高校生のころ(80年代前半)に、ギターのピックアップを替えるのが流行り出したような気がします。
ピックアップ交換なんて、今ではごく普通のことだと思うのですが、当時は割と新鮮な驚きがありました(僕の周りだけかもしれませんが)。
え、ピックアップって替えていいんだ? みたいな。

ディマジオが設立されたのが'75年、セイモア・ダンカンが'76年。
それから数年、'80年前後には日本の高校生アマチュア・ギタリストの間にも、ピックアップ交換の効果と重要性が浸透していたということなのでしょう。

一番人気はディマジオのスーパー・ディストーションでした。
会社は前述のとおり'75年の設立ですが、このピックアップ自体は'72年にリリースされており、史上初のリプレイスメント・ピックアップと言われています。
それまでは、ワイアーを巻き直すとか、こっちのギターのピックアップをそっちのギターの取り付けるとかはあっても、ピックアップ専門メーカーの、ある特徴を持って作られたモデルに付け替えるという発想はなかったわけですね。

このピックアップをストラト・タイプのギターのリアに載せる、もしくはエディ・ヴァン・ヘイレンの影響で、これ1基にしちゃう、みたいな改造が僕の周りでは(たぶん全国の高校生たちの間でも)流行りました。
友達から初めて音を聴かせてもらったときには、感動した覚えがあります。

わー、歪む!

当時の感覚では、もう歪めばエライみたいな感じでした(笑)。
大したアンプもなく、大した歪み系ペダルもなかった時代ですから(その大したことないと思っていたペダルを真空管アンプと組み合わせると極上のトーンが生まれる、なんてことが分かるのは遥か後のことです)。

ただ、僕はストラトにハムバッカーを載せるのが見た目的にどうしてもいやだったので(ストラト原理主義というわけではありませんが)、その代わりに(でもないか?)、スーパー・ディストーション2基搭載のアリア・プロIIのSGタイプを買いました。
いやもう、こいつはアホほど歪みました。
本当に名前どおり、スーパーなディストーションでした。

……すぐ飽きて、ストラトに戻りましたけど(笑)。
そのアリアのSGは違う高校の友達に売ったんですが、それからすぐに、彼がステージでスピーカーの上から飛び降りた際に(飛び降り失敗?)、ネックが折れるという最期を遂げてしまったそうです。

搭載されていたスーパー・ディストーションはどうなったのかなあ。
80年前半のスーパー・ディストーションなんて、今あればちょっと試してみたいですね。

会員登録して、あなたのコメントを投稿しませんか?
この記事のトラックバック
http://www.targie.com/b/001/tb.php/67